ソーシャルマッチ(株)について

国境をこえて、人と人とをつなぎ、社会問題を解決する

ソーシャルマッチは、東南アジア社会起業家と日本をつなぎ、社会問題解決を行う2つの事業を展開。現在、6ヶ国107社の東南アジア社会起業家と提携。

①SDGs教育事業
東南アジア社会起業家の課題を学生が解決するスタディツアーを展開。学生と地球の未来を変えることを目指し、これまで5ヶ国607名の学生へスタディツアーを提供。
学生から「人生が変わった」とのお声をたくさんいただき、平均満足度は9.6点。

②SDGsマッチング事業
東南アジア経営者と日本企業を繋ぎ、エシカルブランドの立ち上げ、業務提携など累計72件のマッチングを支援。

<事業による社会インパクト例>
・給食プロジェクト支援によりカンボジアの子どもたちの学校への出席率が15%向上
・大学生の商品アイディアが、カンボジアのエシカルブランドで商品化され350個受注となる!
・カンボジア障がい者支援NGOと日本企業との共同製品開発支援で、障がい者雇用事業存続につながる 等

<受賞・メディア(一部抜粋)>
・内閣府主催「クールジャパン・マッチングアワード2021」奨励賞を連携先として受賞
・NHKワールド「Sharing the Future」にてソーシャルマッチの特集が放映

仕事内容

急拡大中のソーシャルマッチは、世界の社会問題解決プラットフォームとなるため、志を共にできる世界の仲間を集めていきます。
世界一優秀な人が集まり、最高のチームをつくるため、人事を募集中です!
人事業務のみならず、東南アジアの現場でのSDGs教育事業でのスタディツアーの運営にも携わっていただきます。
今のフェーズだからこそ経験できることがたくさんあり、裁量権がある仕事で成長できるチャンスです!

◾️採用業務
・採用計画(直近は中途採用が中心)
・採用フローの設計・改善
・ダイレクトリクルーティング業務の実行
・リファラル採用の推進
・候補者様との連絡・面接・フォローアップ
・採用広報・PR(SNSやyoutubeを活用した広報なども推進いただきます)

◾️人事業務
・社内でコアバリューの浸透に向けた施策
・社内イベントの企画・運営

◼️東南アジアスタディツアーの運営(※フルタイム勤務の場合)
・現場での運営
東南アジアの経営者の英語通訳や学生のサポートなどを行う。必ず現場は、複数名体制のチームで運営を行う
・講座の実施
現場サポートのみならず、学生向けへの各種講座や、認定試験なども実施する

期待すること

◾️入社後すぐ期待されていること
・卓越した人材の採用を成功させる

◾️将来的に期待されていること
・世界から優秀な人材を採用するための戦略と実行
・社内の人事・労務の改善

仕事の魅力

・会社の組織をつくる中核の仕事で、一人目人事として裁量権が大きな仕事
・人事のみならず、東南アジア現地で現場業務にも携われる
・学生の人生をかえることができ、世界の社会問題を解決できる仕事

必須条件

・人事経験3年以上

歓迎スキル

・途上国で活動した経験
・スタディツアーやプログラムの運営経験

こんな方と働きたい!

・裁量権ある仕事で成長したい方
・社会問題解決を仕事にしたい方
・誰かの役に立てることや、チームに貢献することに喜びを感じる方
・困難な状況に、なぜかワクワクする方

募集要項

※以下はフルタイムの場合の募集要項。
業務委託や副業の場合はリモートワーク、フレキシブルな勤務時間が可能。

勤務時間-標準的な勤務時間帯:9:00〜18:00
-週休2日
勤務地東京都墨田区押上2丁目6-10
【アクセス】
とうきょうスカイツリー駅より徒歩5分
押上〈スカイツリー前〉駅より徒歩8分
本所吾妻橋駅より徒歩15分
曳舟駅より徒歩15分
賃金月給 250,000円 ~ 400,000円 
※固定残業手当月45時間分含む
雇用形態入社後6ヶ月は試用期間として有期雇用契約となり、その後正社員を予定
※有期雇用契約期間中に適格性がないと判断された場合は本採用とならない場合がございます
※有期雇用契約期間中も給料・待遇・手当等に変更はありません
福利厚生・手当・厚生年金, 健康保険, 雇用保険, 労災保険加入
・健康診断
成長支援金 (上限40万円/年)
・通勤交通費支給(上限3万円/月)

<海外出張時会社が負担する費用>
・航空券代
・ホテル代(基本的に1人部屋)
・会社が指定する海外保険代・ビザ代
・現地交通費
・現地での通信費用
・現地での食事代を賄う日当を支給
参考情報NHKワールドでのソーシャルマッチのカンボジアでの活動の取材動画
経済産業省運営METI Journal ONLINE」での代表原畑の起業経緯と事業についてのインタビュー記事
Elle girlでのSDGs起業家として代表原畑への取材記事

会社説明資料