「社会問題解決を仕事に」をあきらめていませんか?

ソーシャルマッチは、代表原畑がカンボジアで目の当たりにした社会問題を解決したいと立ち上がった会社で、社会問題解決のために日々事業活動をしています。
現在、東南アジアと日本を繋ぐ事業展開をしており、カンボジアの子どもたちの学校への出席率を15%向上することができた「SDGsマッチング事業」や、291名のアジアの学生の未来を変えた「SDGs教育事業」を展開しています。

事業拡大につき4つのポジションでメンバー募集をしており、社会問題解決への志を共にできる方とチームになりたいです。

ぜひ、社会問題解決を仕事にしたい方、ソーシャルビジネスのリアルが気になる方など、お気軽にご参加ください!

内容

・事業の詳細と社会問題解決インパクトについて
・ソーシャルマッチが目指す世界
メンバー募集の背景と4つのポジションの募集詳細

<このようなかたにおすすめ>
・社会問題解決を仕事にすることに興味がある方
・ソーシャルビジネスのリアルに興味がある方
・裁量権の大きな仕事で成長したい方

ソーシャルマッチ株式会社概要

SDGsに取り組む東南アジア企業/NGO107社と提携し、グローバルパートナーシップにより社会問題解決を行う事業を展開。
日本企業とSDGsに取り組む東南アジア企業との協働支援を行う「ソーシャルマッチ」では、エシカルブランドの立ち上げ、業務提携、業務委託契約締結、輸出入取引、知見のシェアなど累計72件のマッチングを支援。

SDGsに取り組む世界の人材を育成する「ソーシャルスタディ」では、これまで、カンボジア、インドネシア、台湾、日本の学生累計291人がSDGsインターンシップ/プログラムに参加。

概要

日時・2/10(金)20:00〜20:30
※終了後15分程度質問の回答をいたしますので、希望する方は続けてご参加ください
締切開始時刻まで
場所オンライン(ZOOM)にて開催
※カメラオフ・マイクオフでも大丈夫です
参加費無料

代表原畑コメント

<代表経歴>
1992年、愛媛県松山市生まれ。松山大学在学中に社会問題をディスカッションする団体を創立し、社会問題を解決しようとする人の講演会や、活動の現場に訪れるツアーを開催する。
大学卒業後、アリババジャパン入社。1年半の勤務後、退社し、2016年10月にカンボジアに移住し、日系人材紹介会社で3年間マネジャーを務める。2019年12月、ソーシャルマッチ株式会社を創業。
経済産業省運営「METI Journal ONLINE」で代表原畑がHOTPERSONとして取り上げられる

イベントお申し込みフォーム





プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信してください。